2018-05-20

丹伊田

丹伊田は、古くは黒沢村といわれていたが、天文年中に新田作より、田村頼顕の次男、土佐顕成が黒籠館に進攻して来た。

そして、この地を支配し、黒沢新田と改めたという。

正保二年、秋田俊季が常陸宍戸から三春に転封されて来たが、俊季の命により新田村を丹伊田村に改めたと伝えられている。

丹伊田雄恵

『郡山の伝説』
昭和61年3月10日発行
監修 東洋大学教授・文学博士 大島建彦
発行 郡山市教育委員会
編集 郡山市教育委員会社会教育課

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です