2018-05-22

 伊屋塚観音

西田町丹伊田の甲森にある。
高さ三メートル、幅二メートル、厚さ一メートルの自然石に、観音像が彫られている。

この観音様は、天明の大飢饉のとき、多くの人や馬が餓死したので、供養のために祀られたと伝えられている。

今でも、旧三月十七日、部落の人々があつまり、お祭りをしている。
文化丁丑(ひのとうし)季春鍪森(かぶつ)と墨書された、祭りの大幡が今でも使用されている。

西田町 岩谷文輔

『郡山の伝説』
昭和61年3月10日発行
監修 東洋大学教授・文学博士 大島建彦
発行 郡山市教育委員会
編集 郡山市教育委員会社会教育課

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です