2018-05-25

競う遊び(見つける、見いだす) ーかくれんぼ(かくれ鬼)ー

二人以上で人数が多いほど面白かった。

田舎の屋敷は広い。母屋、土蔵、物置、馬小屋、小屋などの建物が多かった。それらを使って隠れんぼで遊んだ。

参加者がジャンケンをして鬼をきめる。鬼は目をつぶって皆が隠れるのを待つ。

皆が隠れると、鬼は

「もういいかい」

と聞き

「もういいよ」

とこたえがあればさがしはじめる。

鬼が皆をさがし出す。そして一番先に見つかった人が次の鬼となった。

「隠れんぼする人よっといで、じゃんけんぽんよあいこでしょう。負けたら鬼よもういいかい。まあだだよ。もういいよ。」

岩谷文輔

 

『郡山のことばとくらし』

監修 大島建彦
編 福島県郡山市教育委員会文化課
平成2年3月31日発行

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です