2018-05-18

小屋館山(こやだてやま)

西田町丹伊田、板橋、高柴の三大字にまたがる高野地域最高地である。

高野陣小屋跡ともいわれ、現在は、小屋館山といっている。

延暦年中の昔、蝦夷征伐に来た坂上田村麻呂軍が、この山に陣小屋を建てたところといわれている。

その後、岩崎庄衛門三郎隆頼が居住していたと伝えられている。

西田町 岩谷文輔

『郡山の伝説』
昭和61年3月10日発行
監修 東洋大学教授・文学博士 大島建彦
発行 郡山市教育委員会
編集 郡山市教育委員会社会教育課

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です