2018-05-15

 御前淵

西田町 土棚 丹伊田川の中流にある。

大内備前が会津に走りし時に、御堂所と供に来たが、ここに投身したことにより、後に人は御前淵と呼ぶようになったという。

高野郷土史

『郡山の伝説』
昭和61年3月10日発行
監修 東洋大学教授・文学博士 大島建彦
発行 郡山市教育委員会
編集 郡山市教育委員会社会教育課

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です