2018-05-24

競う遊び(的に当てる) ーねんがら打ちー

収穫が終わった田などで遊んだ。

クリやナラのような固い木の棒を四十~六十センチの長さにし、地面にささる部分は、ナタで鋭く削って尖らせた。

その棒は、下が太くてコブや出っぱりまたがりなどのひっかかりのあるものがよかった。

棒の数は一人で七~八本持っていた。

ジャンケンをし、土にささっている相手の棒のすぐ脇に投げさして相手の棒を倒す。

倒されると棒を取られる。

倒されないときは、自分のを抜いて相手のを倒す。

力があって技の上手な者が勝った。

増子利雄・岩谷文輔

『郡山のことばとくらし』

監修 大島建彦
編 福島県郡山市教育委員会文化課
平成2年3月31日発行

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です