2018-05-24

競う遊び(奪い合う) ーおはじきー

数人でおはじきを出し合い、20~30個位にする。

ジャンケンで順番を決め、テーブル又は、板の間におはじきを撒き広げる。

2個のオハジキの間を指一本通してから、1個をはじいて隣に当て、さらに指を通して再び当てれば取れる。

これを繰り返し、多く取った人が勝ち。

 

ただし、次のような罰則があった。

1,はじき合わせる2個の間に指を通すのだが、指がさわれば失格。

(さわり三文といって、さわると2個の罰金を支払った)

2,うまくあたらないと失格

(当たらず五文といって五個の罰金)

それを合わせて、さわり三文、当たらず五文といっていた。

西田町 増子利雄 岩谷文輔

『郡山のことばとくらし』

監修 大島建彦
編 福島県郡山市教育委員会文化課
平成2年3月31日発行

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です