2018-05-23

画僧雪村

昔、奧州田村領の大田村に、いつのころからか高貴な旅の僧が来て、庵を結び移り住んでいた。

この僧は、書画をよくし、自ら和紙を漉き、里人たちに団扇、凧絵などを描いて与え喜ばれていた。

この画僧は、常陸佐竹氏ゆかりの雪村周継であった。雪村の漉く紙は「雪村紙」といわれている。

やがて数年過ぎたある年の暮れ、雪村は病気になり、里人の快復の願いも空しく、十二月三十日、ついに入寂された。里人は、矢島川の大きな丸石を選んで墓碑として祀ったという。

今も近くの人々は、春秋の悲願には香華をたむけて参詣し、また亡くなられた「暮れの餅つき」を忌み、代々にわたって、正月に入ってから餅をついたといわれる。

今、雪村庵といわれる庵が残り、その裏に墓碑といわれる自然石が残されている。

西田町 会田敏春

『郡山の伝説』
昭和61年3月10日発行
監修 東洋大学教授・文学博士 大島建彦
発行 郡山市教育委員会
編集 郡山市教育委員会社会教育課

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です