2018-05-25

予兆と卜占  ー気象の予兆ー

○汽車の汽笛の音が近く聞こえると雨になる。
○夕方、子どもが騒ぐと雨になる。
○西斜場安達太良山)が曇ると雨が降る。
○細かい虫がいっぱい飛ぶと明日は雨になる。
○入日が赤いと、天気が良くなる。
○鶏が小屋の止まり木に、夕方早く止まると晴れる。
○柿の実が下を向いてなると、霜の降る恐れがある。
○朝日が真っ赤になって昇れば、三日後に雨が降る。
○夕日が真っ赤になると、明日は晴れる。
○朝鳩鳴いて川超すな。夕鳩鳴いて空見るな。
(朝鳩が鳴くと雨が降り川の水が溢れるので、川を越すな。
夕鳩が鳴いたら、晴れて心配することないので、空は見なくともよい)
○朝焼け出たら、百日の雨になる。
○地震のとき
(九は病、五七の雨に四つ日照り、六つ七つなれば風は吹くなり)

民俗調査報告書

 

○朝鳩聞いて川越すな。夜梟聞いて糊つけろ。
(朝鳩鳴けば雨、夜梟鳴けば晴れのこと)
○地震で天候の判断
(九は病、五七の雨に四つ日照り、六つ八つなれば風は吹くなり)
○元日の朝日の出る方向に雲が多いときは、その年は水が多い。

高野郷土誌

 

○朝、蜘蛛の巣が平らに張ったときは天気がよく、縦に張ったときは、天気が悪い。
○大霜の三日目には雨が降る。
○磐越東線三春の汽車の音が聞こえるときは、天気がくずれる。
○夕方、子どもたちが騒ぐときは、雨になる。
○放し飼いの鶏たちが夕方早く小屋に入る時は、翌日の天気はよい。
○猫が顔を洗うと、翌日の天気がよい。
○下駄や草履のはきものを、空に飛ばして表がでれば晴れ、裏が出れば天気は悪い。
○伊勢の沢(西田町丹伊田)より、白煙が立ち上っているうちは、天気は回復しない。
○東の空が朝焼けすれば、天気は悪くなる。

西田町丹伊田 岩谷文輔

 

『郡山のことばとくらし』

監修 大島建彦
編 福島県郡山市教育委員会文化課
平成2年3月31日発行

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です