2018-05-18

 子産坂⑴ ーこなしざかー

むかし、ある主婦が鬼生田の坂で、その坂があんまり急なので流産した。

それ以来「子産坂」とよばれるようになった。

そして子産坂の石の神様(子産水神)の水をもらってきて、産婦がこの水を飲むとお産が軽くなるといわれ、このお礼に赤い布をあげた。

郡山市史 民俗資料カード

『郡山の伝説』
昭和61年3月10日発行
監修 東洋大学教授・文学博士 大島建彦
発行 郡山市教育委員会
編集 郡山市教育委員会社会教育課

タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です