2018-06-20

夏越の大祓があります

 

平成30年6月30日(土)午前10時より、鹿島大神宮で夏越の大祓祭が行われます

大祓では、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れや、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清め、無病息災を祈ります。

年に2度、6月と12月におこなわれますが、6月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼びます。

紙で作った人形(ひとがた)で、身についた半年間の穢れを祓い清めるところもありますが、鹿島大神宮では「おおばらい」と呼んでいる小さな祓串をお祭の後に氏子さんにお配りします。

「おおばらい」が配られたら、それで家中をお祓いします。両手で持って、左・右・左、と三回お祓いしてください。

なお、大祓祭には総代さんと当番の方が参列しますが、どなたでもご参列いただけます。ご神前に参拝なさり、すがすがしい気持ちで夏を迎えられてはいかがでしょうか。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です