2018-05-27

神楽面の張り子ができました

 

鹿島大神宮に代々伝わる神楽面のひとつを、高柴デコ屋敷・大黒屋の御当主、橋本彰一さんにお願いして張り子につくっていただきました。

「笑う門には福来たる」です。

恵比寿様の円満なお顔が、皆様のおうちにたくさんの福を呼び入れてくれるでしょう。

9月16日の秋季例大祭には、本物の神楽面をつけた神楽の奉納も行われます。

ぜひお越しください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です