2018-08-15

羽黒神社のお祭りがありました

平成30年7月29日午後3時より、西田町宮作にある羽黒神社で例祭が斎行されました。
このお宮は、鹿島大神宮境内地にあるペグマタイト岩脈の上にあり、11軒の氏子さんがお祭りをしています。

例祭に先立つ7月1日、氏子さんが出羽三山の羽黒神社を参拝しました。以前は代表の人が毎年お参りしていましたが、今は三年に一度、全員で出かけています。

高速道路が開通する以前は鉄道とバスを使い2泊3日の日程で行っていました。その頃は、まず羽黒神社に詣で、その日は大田坊という宿坊に泊まって、翌日は早く出て月山に登るのが通例だったとか。

7月でも上の方は雪があって足場が悪く、雨の日など、カッパを着て登っても下から吹き上げてくる風雨でびしょ濡れになりながら必死で登ったそうです。

今は延々と続く山並みを貫く高速道路を使って日帰りができるようになりましたが、その昔徒歩でお参りしていた頃は、さぞかし大変だったことでしょう。

「いったい何があって、こんなに遠くの出羽三山までお参りしようと思うようになったんだろうね」
氏子さん達は、遠い先祖の切なる祈りに想いを馳せながら、今年も出羽羽黒神社を訪れます。

 

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です