2020-04-18

鹿島大神宮の宵祭りがありました

令和2年4月17日㈮午後6時、郡山市西田町丹伊田に鎮座する鹿島大神宮で、春季例大祭の宵祭が斎行されました。

あたたかな春の一日でした。
朝8時から総代さんを始め当番の方々が境内掃き清め、旗や幕を張り巡らし、注連縄や紙垂を取り替えて、明日の大祭の準備がすっかり整いました。
満を持して満開となった桜花の中に、『本朝武人統領』『武甕槌命擁護』の旗が白くはためいています。
文久4年宮作講中が奉納した鹿島大神宮例大祭の祭礼図に、同じこの旗が描かれています。
     
天応元年(781年)ご鎮座
天災や飢饉で祭礼ができなかった年もあるかもしれません。
1239年目を迎えた今年、令和2年4月
世界的な新型コロナウィルス感染拡大の中で、常の例のようでなくとも春の祭礼を迎えられたことを心から感謝します。
明日の大祭では今年の豊作を願うとともに、この流行病が一日でも早く鎮静化することを、氏子さんと心をひとつにして祈りたいと思います。
  
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です