2019-02-02

ご朱印―神紋「檜扇に違い鷹の羽」の由緒―

   
 

「檜扇に違い鷹の羽」は三春藩主秋田公の家紋です。

鹿島大神宮は三春藩主秋田公累代の祈願社であり、天和三年、社殿落成に際し秋田盛季公が信仰を祈念して御紋章彫刻を御奉納されてより、当社の神紋となりました

 

ご朱印は社務所で受けていただくことができます

 
玄関が閉まっているときには、隣の自宅にいることもありますので、インターフォンを押してみてください。応答がないときには、申し訳ありませんが留守にしています。
 
留守にするときには、玄関の外に置いてあるおみくじの隣に、書いたものを箱に入れて出しておくようにしました。よろしければ、そちらをお持ちください。
 
やはり直接御朱印帳に、という方でもう一度お越しいただける場合には、ご連絡をいただけると安心です。連絡先は次の通り

 

鹿島大神宮 渡辺

 ☎024-971-3276  090-8784-9729

 郡山市西田町丹伊田字宮作239

 

 
 
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です