2021-06-20

夏越大祓の人形(ひとがた)を授与しております

令和3年6月20日、西田町鬼生田の見渡神社で、夏越しの大祓祭が斉行されました。

大祓の参列者は大祓人形(ひとがた)で体中をなでて、知らず知らずのうちに身についた半年間の罪穢れや病を祓い清めます。

そして爽やかな新しい気持ちで夏からの半年を迎えるのです。

◆大祓人形(ひとがた)は心身のけがれを拭い取ってくれる神具です。
鹿島大神宮社務所にて6月30日までお受けいただけます。

1.人形にお名前と年齢を書き、けがれや悪いところを移す気持ちで体中をなでます。
2.初穂料(お心のまま)と一緒に紙袋に入れ、6月30日午前9時までに大祓人形納め箱に納めて下さい。

お預かりした人形と初穂料はご神前に上げ、大祓祭で祓い清めた後、お焚き上げいたします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です