2019-08-12

高柴の見渡神社で土用祭がありました

令和元年7月15日(海の日)午後1時より、郡山市西田町高柴にある三渡神社で土用祭が斎行されました。
祭礼が終わると総代さん達が、大幣に使った樫の枝に
「悪蟲退散」
「疫病消除」
などと書いた短冊を結びつけます。
そして太鼓を鳴らして大きな声を上げながら、その大幣を火にくべます。
追われた害虫が高柴の外に出たところで、除蝗祭の御札を境に立て、虫たちが再び入ってこられないようにします。
「昔は村中集まって、すごくにぎやかに虫送りをしたもんだ」
「太鼓や大声は隣の板橋にまで聞こえたそうだ」
少し前の虫送りのお話です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です